金属加工

弊社の加工事業について

シャーリングとレーザー切断機を設備し、これらの細かな要望にお応えしております。
日本本社で積み重ねた加工技術と品質管理をタイでも実現し、安定・安心のサービスを提供いたします。
鋼板加工技術を日々研究しており、お客様と一緒にアイデアを考える一流のパートナー企業を目指します。
2016年11月より、溶接工程を追加しました。切る、溶接する。で御社の手間を省きます。
品質要求事項の高い加工については緻密な打合せの後、トライアル加工を経て量産へ入ります。

主な生産設備

レーザーカッティングマシン

レーザーカッティングマシン

F03015NT 4Kw (AMADA)
加工範囲1524x3048
板厚MAX22.0

シャーリングマシン 1

シャーリングマシン1

ESH1213 (AMADA)
切断幅1270
板厚0.8~13.0

シャーリングマシン2

シャーリングマシン2

DCT2565 (AMADA)
切断幅2520
板厚0.6~6.5

レーザーカッティング・シャーリング技術のご紹介

レーザーカッティング

レーザーカッティング

レーザーとは、光を集約した高密度エネルギーで金属を切断する機械です。ガス溶断やプラズマ切断機では実現できない微細なもの、複雑な形状、緻密な精度に優れています。

シャーリング

シャーリング

弊社シャーリングは機械式、油圧式の2機を設備しております。最適な機械でお客様のニーズにお答え致します。小物、小ロットからのご注文、レーザーとのコラボレーションにも対応いたします。